ほめられたいブログ

ママにほめられたいパパの育児と趣味の日記

子供が鼻詰まりで眠れない

PVアクセスランキング にほんブログ村

f:id:porinopapa:20190901220344p:plain


こんにちは、ぽりのパパです( ̄∀ ̄)

季節の変わり目なのか、息子が風邪をひいてしまいました(^_^;)
風邪をひくときまって鼻水をいつも垂らしてしまいます。

まだ、息子は鼻をかむことができません。

起きている時はまだ大丈夫なのですが、寝転ぶと鼻水が奥に行くせいか息苦しくなるようで、やっと寝ても息苦しくて泣いて起きてしまいます(ーー;)
それが、風邪をひくといつものパターンになってます。


しかも、鼻吸い器(人力。吸引力の変わるただ一人の男)が大嫌い。
用意をするだけでさらに泣いてしまいます゚(゚´Д`゚)゚

なんとか自分で鼻をかむ事ができるといいんですけどね。

 

上手な鼻のかみ方

鼻をかむ時は両方の鼻でイッキにブーン!とかむのが気持ちいいですよね。
ですが、そのかみ方はよくないんだそうです。

両方の鼻を勢いよくかんでしまうと、耳に負担が掛かって鼓膜が破れてしまう可能性があるんだそうです。
たしかに、かんだ後に耳がポーっとする時があります(^_^;)

私が鼻をかんで鼓膜を破ったなら笑い話ですが、
子供の鼓膜が破れたら困ります。

鼻をかむ時は片方ずつ、ゆっくり、少しずつするのがいいそうです。

 


やんでぃ!しゃらくせい!
おれぁ、いっきに両鼻をーーーーン!!てかみてぇんだ!
むしろティッシュなんかいらねぇぜ!
手でかんで、そのまま服にリーーーンだぜ!


という方は、どうぞそのままで( ̄ー ̄)

とにかく、子供の鼻をかむ時は片方ずつ、ゆっくり、少しずつだそうです。

 

鼻をかむ練習

息子はまだ鼻をかむことはできません。
鼻をかむための練習方法を調べました。

  • 鼻の前に毛糸や紙など、軽くて細長いものをぶら下げて鼻息で揺らす方法。
  • テーブルに小さく丸めたティッシュを置いて、鼻息で飛ばす方法
  • 鼻にティッシュを詰めて、鼻息で飛ばす方法。

の3つを見つけました。
どの方法も、口を閉じて片方の鼻を指で押さえて片方ずつだそうです。


まずは親がやって見せてあげて、鼻から息が出るという事を分からせてあげるんだそうです。

早ければ1歳半~2歳、だいたい2歳位から鼻をかめるようになるそうなので、
「鼻にティッシュを詰めて、鼻息で飛ばす方法」をしてみました。
(風邪をひく前の鼻が詰まってない時にしました)

まず、私がします。片方の鼻にティッシュを詰めて、反対の鼻を指で押さえて、ふーーーん!
息子、笑う(*´∀`*)
もっともっとと、アンコール!
興味が出たんだと思って、それに応えてもう一度。ふーーん!
また息子笑う(*´∀`*)

今度は息子にさせようと息子のタイトな鼻にねじーこむ♪

口を閉じて、片方の鼻を押さえてポーズは完璧!

しかし、一向にティッシュは飛びません。
ふーーんだよ!と言っても声で「ふーーん」と言うだけ・・・かわいいではないか( ´艸`)ムププ

鼻から空気を出す事を意識してないから、意識した(強く)出し方が分からないんだと思います。

まずは、そこからなんだ・・・(´ε`;)

だとすると、ほかの方法もまだ出来ません。

鼻の前に毛糸をぶら下げているだけの子供や、テーブルの上に転がっているティッシュをただ眺めているだけの子供になってしまいます。

なので、今は鼻息を息子の手や腕に吹きかけて、鼻から空気が出る事を知ってもらおうと、ふんふん!しています。


てやんぃ!鼻に毛糸だティッシュだなんてしゃーらくせい事やってねえで、目の前で鼻ぁかんで見せてやらぁ、ボウズも勝手に覚えるってもんよ!
そんときも、もちろん手でかんで、服にリーーンよ!

という方は、やはりそのままで( ̄ー ̄)

 

終わりに

大人が当たり前にしている事が、小さい子供にはわからなかったり出来ない事だったりするということが改めてわかりました。

そして、それを教える時になんて教えればいいのか?
言葉にする難しさ、しかも子供が理解できる言葉にする事も必要ですし、教えるって難しいですね(^_^;)


もう少ししたら、トイレでの排泄を教え始めると思うので、
どうすればいいのか今から悩みまさぁ(=_=)

ありがとうごぜぇやした。